旅行の目的をしっかり考えて、宿泊するところを選ぼう

バスターミナルや駅が近いと便利

観光地でありさらに史跡や寺社が目的地である、という場合にはたいていバスや電車などの公共交通機関が整備されていることが多いです。
観光地への路線バスは主要ターミナル駅にあるバスターミナルから出ていたりしますので、このような駅が近くにあるホテルを選ぶと旅行中の移動をスムーズに行うことができます。
駅が近いことのメリットは何よりいろんな所へ足を運びやすいということです。そしてかえってきたときにもすぐにホテルへ戻ることができるのは嬉しいですよね。旅行時は結構歩き回るなどして疲れるので、ホテルに戻るのに時間がかかっていたら大変!
東京など地下鉄が多く張り巡らされているような場所であれば、大きなターミナル駅でなくても地下鉄が近くにある駅であれば問題なく過ごせることが多いですよ。

値段が高かったり部屋が狭いことも

ターミナル駅周辺には多くのシティホテルやビジネスホテルがありますが、時期によっては殆ど空きがないことも。
ある観光都市では有名アーティストのコンサートと大学受験日が同日で重なり、その前後はファンや受験者が多く集まったためにその会場の付近は殆どホテルが取れないということもありましたので、旅行の日程を組む際にはこのような点にも注意をしましょう。
あと、多くのホテルがある一方で一部屋の大きさがとても小さいことがあります。
もしもあまりに狭い部屋に対して抵抗があるというかたは、事前に部屋の広さをチェックするようにしましょう。調べ見たところ、もっとも小さい部屋と思われるシティホテルの部屋の平米数は10平米で、これは6.46帖にあたります。ベッドと少し小さめのテーブルで大体いっぱいになる大きさだと考えるといいでしょう。